個人のお客様はこちら

日本の金融理論教育をリードするシグマインベストメントスクール


menu

講師・研究員紹介

顧問

藤田 岳彦
シグマベイスキャピタル株式会社 顧問シニアフェロー
中央大学理工学部経営システム工学科 教授(理学博士)
公益財団法人数学オリンピック財団 専務理事

fujita_takahiko 京都大学理学部卒業。同大学院理学研究科数学専攻修士課程修了。京都大学理学部数学教室助手、同大学教養部講師、米国カリフォルニア大学アーバイン校客員助教授を経て、一橋大学法学部助教授、一橋大学商学部教授、一橋大学大学院商学研究科教授 兼 一橋大学大学院国際企業戦略研究科教授。その後、パリ第6大学(旧ピエール・マリー・キュリー大学)数学学部確率学科客員研究員、京都大学数理解析研究所客員教授(伊藤清博士ガウス賞受賞記念野村グループ寄附研究部門)等を歴任。
国際数学オリンピック日本代表団長、高等学校教科書「数学シリーズ」(啓林館)の編者として数学教育にも情熱を注いでいる。また、日本競走馬協会会員、新潟馬主会会員でもあり、活動は多岐に亘る。
専門は、数学(確率論、力学系)、金融工学、保険数理。

主な担当講座

名誉学長

清水 正俊
シグマベイスキャピタル株式会社 シニアフェロー
シグマベイスキャピタル株式会社 代表取締役会長

shimizu 一橋大学商学部卒業。同年、日本長期信用銀行入行。預金・金融債販売、融資業務、業務推進本部広告担当を経て建設省宅地開発公団/日本住宅公団(合併後、住宅都市整備公団、現UR都市機構)に出向し、千里・多摩・港北・厚木・千葉・竜ヶ崎等のニュータウン開発に従事。その後、同行に戻り外国為替/デリバティブチーフディーラー就任。同時に、1988年には、新興プライマリー・ディーラーであったグリニッチ・キャピタル・マーケッツ社(米国コネティカット州)の同行による買収と、これに続く業務拡大(米国政府証券・モーゲージ証券の引受・販売)に従事。1990年、同行を退職し、シグマベイスキャピタル株式会社設立、シグマインベストメントスクール開校。「ブーメラン投資戦法」を考案し、2017年、シグマベイスキャピタル投資顧問設立。
啓蒙書として、「先物・オプション時代の幕開け」(有斐閣)、「スワップ取引」(有斐閣)、「デリバティブ世界を散歩する」(シグマベイスキャピタル)、専門書として、「スワップの価格はこうして決まる」(シグマベイスキャピタル)、「通貨オプション取引」(金融財政事情研究会)、「株式オプション」(金融財政事情研究会)等多数あり。

学長

田渕 直也
シグマベイスキャピタル株式会社 シニアフェロー
株式会社ミリタス・フィナンシャル・コンサルティング 代表取締役社長
金融アナリスト

tabuchi 一橋大学経済学部卒。同年、日本長期信用銀行入行。デリバティブ・ディーリング、商品開発業務に従事後、同行海外証券子会社である長銀インターナショナル(ロンドン)に出向し、デリバティブ・ディーリングデスクのチーフ歴任。
その後、UFJパートナーズ投信(現三菱UFJ投信)のファンドマネージャーとして、運用業務に従事後、株式会社ミリタス・フィナンシャル・コンサルティング設立、現在に至る。金融関連の啓蒙書、評論多数。

主な担当講座

副学長

井上 義明
シグマベイスキャピタル株式会社 シニアフェロー
プロジェクトファイナンス研究所 代表
英検1級(優良賞)

inoue 早稲田大学大学院商学研究科修士課程修了。富士銀行(現 みずほ銀行)入行。同行プロジェクトファイナンス部、ニューヨーク支店融資課課長、ヒューストン支店プロジェクト&エネルギー課課長(米国駐在7年)、プロジェクトファイナンス部部長代理、同参事役。2005年国際協力銀行プロジェクトファイナンス部参事(出向)。2006年オーストラリア・ニュージーランド(ANZ)銀行スペシャライズドファイナンス・ジャパン本部本部長。2017年より現職。現職では海外プロジェクトファイナンスについて執筆、講演、研修、コンサルティング、アドバイザリー等に従事。慶応義塾大学福澤諭吉記念文明塾修了。
講師歴多数。現在、インフラ情報サイト「Infrato」にコラム『プロファイバンカーの視座』を連載中。
主な著書・論文に、『実践プロジェクトファイナンス』(日経BP社、2011)、『LNGプロジェクトファイナンス』(金融財政事情研究会、2015)、「なぜ交通インフラ事業にプロジェクトファイナンスは難しいのか」(Infrato、2017/4)、「輸出信用機関とプロジェクトファイナンス」(Infrato、2017/7)がある。

フェロー

伊藤 智洋
シグマベイスキャピタル株式会社 フェロー
テクニカルアナリスト

ito 証券会社、商品先物調査会社のテクニカルアナリストを経て、1996年に投資情報サービス設立、現在に至る。専門のテクニカル分析に、市場の背景をなすファンダメンタル諸要素を加味する独自の相場予測手法は、「伊藤のコンビネーション分析」として定評がある。著書多数。メールマガジン、株価、商品、為替の市況をネット上で配信中。テクニカル分析に独自の視点を取り入れ、既存の発想にとらわれない取り組みを強みとする。当スクールでは、eラーニング講座「テクニカル・ファンダメンタル コンビネーション分析コース」講師を務めるほか、各種投資戦略セミナーを担当している。
主な著書に『チャートの救急箱』(投資レーダー社)、『FX・株・先物チャートの新法則』(東洋経済新報社)、『チャート革命 ―高確率パターン投資法』(東洋経済新報社)、『株は1年に2回だけ売買する人がいちばん儲かる』(日本実業出版社)、『株の値動きは4回のうち3回当てられる』(KADOKAWA)、『ローソク足チャート 究極の読み方・使い方』(日本実業出版社)、『勝ち続ける投資家になるための株価予測の技術 [決定版]』(日本実業出版社)がある。

主な担当講座

猪田 義浩
シグマベイスキャピタル株式会社 フェロー

inoda 東京理科大学理学部応用数学科卒業。同年、日本債券信用銀行入行。同行オプションチームにて、為替、株、金利等デリバティブのインターバンク取引に従事。米国スタンフォード大学統計学科修士課程修了後、証券会社、スワップハウスなどでデリバティブのチーフトレーダーとして長年活躍。2008年、シグマベイスキャピタル株式会社入社。同社研究開発部主任研究員、特別研究員を歴任。

主な担当講座

大塚 賢二
シグマベイスキャピタル株式会社 フェロー
株式会社ファルチザン代表 兼 プリンシパルコンサルタント
米国ニューハンプシャー州公認会計士
日本証券アナリスト協会検定会員

otsuka 東京大学法学部卒業後、日本長期信用銀行入行。リスク統括等に従事。その後、大手金融機関や Big4 系コンサルティングファームなどに在勤し、コーポレート・ガバナンス、リスク管理、規制対応の実務やアドバイザリー・サービスに携わる。
2010年、コンサルティング事業を起業。金融行政・各種規制に関する豊富な知見を活かし、大小金融機関や公的団体・内外企業の業務支援コンサルティングに従事。日本CFO協会グローバルCFO(米国CTP)。公益財団法人日印協会会員。
主な著書・連載に、『デリバティブと金融技術革新』(中央経済社、共著)、『IT大国インド最新事情』(SBクリエイティブ)がある。

Phillip Glanville Oxnam
シグマベイスキャピタル株式会社 フェロー
GS Management S.A.(ジュネーブ)代表取締役社長
Palladium Trustees S.A.(ジュネーブ)取締役
The Fungal Infection Trust(ロンドン)理事長

oxnam ロンドン生まれ。英国籍。米国ペンシルベニア大学ウオートン・スクール、ジュネーブのウエブスター大学卒。ジュネーブのプライベートバンクである Bordier & Cie に勤務。米国と英国への投資業務に従事し、勤務期間を通じて年30%のリターンを確保した。
2000年に米国、欧州、東南アジアにわたる M&A、企業融資、投資顧問を業務とする GS Management S.A. を設立した。オフショアでの信託業務を行っているセントクリストファーネイビス籍のPalladium Capital Trust Limited を取得。2013年には Palladium Capital Trust Limited を傘下に置く信託銀行 Palladium Trustee S.A.(スイス)を設立し現在に至る。
スイスのプライベートバンク業界に広いネットワークを有し、ヘッジファンドマネージャーとしても活躍している。また、祖父が設立した真菌感染症研究と製薬開発のためのチャリティ基金である The Fungal Infection Trust の理事長兼基金運用人でもある。
https://www.fungalinfectiontrust.org/

久原 正治
シグマベイスキャピタル株式会社 フェロー
久留米大学理事(経営学博士)

kuhara 慶應義塾大学 経済学部卒業、同年 日本長期信用銀行入行。国際金融分野に従事、カリフォルニア大学バークレー校大学院留学、シカゴ支店長等歴任。
1999年 立命館大学 経営学部 教授、2001年 立命館アジア太平洋大学 大学院経営管理研究科副研究科長 教授、2002年 立命館大学 経営学博士、2007年 九州大学大学院 経済学研究院 教授、2013年 昭和女子大学 グローバルビジネス学部 教授、同学部長を経て現職。
この間、デポール大学経営大学院(シカゴ)、シンガポールマネジメント大学、ソフィア総合経済大学大学院客員教授、ソニー大学、大和(証券)マネジメントスクール講師を歴任。専攻は経営学(経営戦略、経営組織、日米比較経営、金融機関経営)。
主な著書に、『日本の若者を世界に通じる人材に』(学文社)、『M&Aとリストラクチャリング戦略』(同友館)、『新版銀行経営の革新』(学文社)、『金融イノベーション』(シグマベイスキャピタル)がある。

主な担当講座

久保田 政純
シグマベイスキャピタル株式会社 フェロー
株式会社カクタス インベスト代表取締役
中小企業診断士

kubota 東京大学経済学部卒業後、日本興業銀行入行。審査部、外国部アジア班、ジャカルタ駐在。和光証券事業法人本部部長などを経て、1989年経営コンサルタント開業。公認会計士第三次試験委員、常磐大学国際学部教授、明治大学大学院グローバルビジネス学科非常勤講師、麗澤大学・大学院特任教授を歴任。
主な著書に、『設備投資計画の立て方』(日本経済新聞社)、『企業審査ハンドブック』(編著・日本経済新聞社)、『実務家のためのキャッシュフロー分析と企業価値評価』(シグマベイスキャピタル)、『国際ビジネスファイナンス 第12版』(監訳・麗澤大学出版会)がある。

主な担当講座

栗谷 修輔
シグマベイスキャピタル株式会社 フェロー
キャピタスコンサルティング株式会社 プリンシパル
公認内部監査人(CIA)、公認情報システム監査人(CISA)

kuritani 早稲田大学理工学部工業経営学科卒業。同年、日本長期信用銀行入行、同行マーケット営業部、リスク統轄部にて金融商品開発・販売とリスク管理に従事。その後、興銀証券(現・みずほ証券)に入社し、同様の業務に従事。2000年データ・フォアビジョン株式会社に入社。金融機関に対して収益リスク管理システムの設計・開発、データ分析、コンサルティング等を行う。2011年12月にキャピタスコンサルティングに参加。
主な著書に、『【実践】銀行ALM』(共著、金融財政事情研究会、2006)、『金融機関の市場リスク・流動性リスク管理態勢』(共著、金融財政事情研究会、2015)、『リスクマネジメントキーワード170』(東京リスクマネジャー懇談会 編、金融財政事情研究会、2009)、『【全体最適】の銀行ALM』(共著、金融財政事情研究会、2010)、『金融リスクマネジメントバイブル』(共著、金融財政事情研究会、2011)、『市場リスク・流動性リスクの評価手法と態勢構築』(共著、金融財政事情研究会、2015)がある。

主な担当講座

小林 武
シグマベイスキャピタル株式会社 フェロー
名古屋商科大学ビジネススクール 教授 博士(経営学)

kobayashi 慶應義塾大学商学部卒業。同年、東京銀行に入行。フランスグランゼコールHEC経営大学院留学、ファイナンス修士。筑波大学大学院ビジネス科学研究科博士(経営学)。格付投資情報センター、バークレイズ・グローバル・インベスターズ、三菱UFJモルガンスタンレー証券、NSフィナンシャルマネジメントコンサルティング(新日鉄住金ソリューションズ子会社)にて企業評価、資産運用、リサーチ業務等に従事。2014年より名古屋商科大学および大学院にてファイナンスおよび経済学の講義を担当。研究分野はファイナンス(資産価格評価モデル、ポートフォリオ最適化)、応用計量経済学。
日本ファイナンス学会、日本経済学会、日本金融・証券計量・工学学会、日本保険・年金リスク学会、European Finance Association所属。

主な担当講座

小林 文彦
シグマベイスキャピタル株式会社 フェロー
国際開発研究者協会(SRID)幹事
名古屋工業大学大学院非常勤講師(前期)

kobayashi_fu 山梨大学工学部機械工学科卒業。同年、伊藤忠商事入社。インフラプロジェクト課長、アセットマネジメント室長、プラントプロジェクト部門長補佐等を歴任。その間、海外のPPP (Purblic Private Partnerships)を含むインフラプロジェクトに携わる。10年間ニューヨーク駐在。1998年より不良債権回収業務に従事。2002年 Harvard Business School Advanced Management Program 終了。2004年国際金融公社(IFC)ワシントン本部に転職。2011年 Harvard Business School Africa Business Conference のPanelistに招聘。2015年IFCを Chief Special Operations Officer(首席特務担当官)として定年退職。これまでプロジェクトファイナンスや不良債権回収及び開発援助の講義・講演を国際大学、名古屋工業大学大学院、上智大学、山梨大学、JICA、ECFA等で行う。PPPに関する外務省国際協力局長主催有識者懇談会に有識者として招聘(2017/4)。国際開発研究者協会(SRID)幹事・キャリア開発事業講師(sridonline.org)。名古屋工業大学大学院非常勤講師(前期)。
主な論文に「プロジェクトファイナンス実務者から見た新興国PPPインフラ事業促進策」(Infrato、2018/3) がある。

宿輪 純一
シグマベイスキャピタル株式会社 フェロー
帝京大学経済学部 教授(経済学博士)

shukuwa 慶應義塾大学経済学部卒業。同年、富士銀行入行。1998年三和銀行に転職。2002年合併でUFJ銀行・UFJホールディングス等勤務、2006年合併で三菱東京UFJ銀行。企画部経済調査室、決済事業部等勤務、2015年退職、帝京大学に奉職。兼務で2003年から東京大学大学院、早稲田大学、慶應義塾大学等で教鞭。財務省・金融庁・経済産業省・外務省・全国銀行協会等の金融・決済関係委員会に参加。講談社現代ビジネスオンラインに「経済・金融解説」を、ハフィントンポストに「シネマ経済学」を連載中。日本経済新聞にも紹介されたボランティア公開講義「宿輪ゼミ」(13年目・会員1万3千人)代表。
主要著書に、『決済インフラ入門:ビットコイン、フィンテックから日銀ネット、外為決済リスクまで』(東洋経済新報社、2015)、『決済システムのすべて(第3版)』(東洋経済新報社、2013、共著)、『証券決済システムのすべて(第2版)』(東洋経済新報社、2008、共著)、『金融が支える日本経済』(東洋経済新報社、2015、共著)、『通貨経済学入門(第2版)』(日本経済新聞社、2015)、『アジア金融システムの経済学』(日本経済新聞社、2006)がある。

主な担当講座

新藤 准一
シグマベイスキャピタル株式会社 フェロー
株式会社カクタスインベスト 取締役副社長

shukuwa 一橋大学法学部卒業。同年、日本興業銀行入行。渋谷支店 営業課長代理、システム開発課長、人事部 課長・参事役(制度設計・人材開発)、みずほ企業年金基金常務理事などを歴任。
専門分野:会社法務、担保管理、人事・労務・システム業務・資産運用、英文翻訳など。

田中 隆之
シグマベイスキャピタル株式会社 フェロー
専修大学経済学部 教授(経済学博士)

tanaka 東京大学経済学部卒業後、日本長期信用銀行入行。産業調査部、調査部(ニューヨーク市駐在エコノミスト)、市場企画部マーケットエコノミストを経て、長銀総合研究所主任研究員、長銀証券投資戦略室長チーフエコノミスト等歴任。
2001年より専修大学経済学部教授。この間、2012~13年ロンドン大学(SOAS)客員研究員。専攻は、財政金融政策、日本経済論。
主な著書に、『現代日本経済 バブルとポスト・バブルの軌跡』(2002年、日本評論社)、『平成バブル 先送りの研究』(2005年、共著、東洋経済新報社)、『「失われた十五年」と金融政策』(2008年、日本経済新聞出版社)、『金融危機にどう立ち向かうか』(2009年、ちくま新書)、『日本経済 未踏域へ「失われた20年」を超えて』(2011年、共著、創成社)、『総合商社の研究 その源流、成立、展開』(2012年、東洋経済新報社)、『アメリカ連邦準備制度(FRS)の金融政策』(2014年、金融財政事情研究会)、『総合商社――その「強さ」と、日本企業の「次」を探る』(2017年、祥伝社新書)がある。

谷岡 綾太
シグマベイスキャピタル株式会社 フェロー
PwCコンサルティング合同会社 マネージング ディレクター
年金数理人
日本アクチュアリー会正会員

tanioka 神戸大学理学部数学科卒業。
大和銀行(現りそな銀行)、三菱信託銀行(現三菱UFJ信託銀行)等を経て現職。
お茶の水女子大学非常勤講師(年金数理、2016年)、年金数理のアクチュアリー資格対策講師経験豊富。

主な担当講座

玉木 勝
シグマベイスキャピタル株式会社 フェロー
日本証券アナリスト協会検定会員

tamaki 一橋大学商学部卒業。同年、日本長期信用銀行入行。国債の入札やディーリング、各種証券業務、外国為替ディーリング、デリバティブ業務に従事。ニューヨーク副支店長、上野支店長を経て、長銀投資顧問取締役年金運用部長、常務、専務。その後、長銀UBSブリンソン投資顧問常勤監査役、日本格付投資情報センターシニアコンサルタント、玉川大学経営学部教授を歴任。

主な担当講座

富田 竜一
シグマベイスキャピタル株式会社 フェロー
株式会社富田企業財務研究所 代表取締役
公認会計士/日本証券アナリスト協会検定会員

tomita 東京工業大学工学部経営工学科卒。1990年監査法人朝日新和会計社(現 あずさ監査法人)入社。2002年パートナー。2004年あずさ監査法人退任、朝日ビジネスソリューション(株)入社、パートナー就任。2014年同社退任、(株)富田企業財務研究所設立。M&A・組織再編等に係る企業価値算定、ストックオプション価値算定、公的鑑定、私的鑑定など、数百件にわたるバリュエーション事案の実績を有する。企業価値評価、財務分析等に関する研修講師実績も豊富である。
主な著書に『Q&A監査のための統計的サンプリング入門』(共著、金融財政事情研究会)、『年金・退職給付会計の実務Q&A』(共著、中央経済社)、『オペレーショナル・リスク』(共訳、金融財政事情研究会)がある。

主な担当講座

西林 信幸
シグマベイスキャピタル株式会社 フェロー
ジェネラル・リインシュアランス・エイジイ
日本アクチュアリー会正会員

nishibayashi 大阪大学大学院 理学研究科博士課程(前期)数学専攻修了。理学修士。
日本生命、ニッセイ基礎研究所、かんぽ生命、トーマツ、アクサダイレクト生命、新日本有限責任監査法人を経て、現在、ジェネラル・リインシュアランス・エイジイに在籍。
アクチュアリー受験研究会において生保数理に関する質問対応に従事。
主な著書に『アクチュアリー試験 合格へのストラテジー 生保数理』(共著、東京図書)がある。

主な担当講座

野村 俊一
シグマベイスキャピタル株式会社 フェロー
情報・システム研究機構 統計数理研究所 モデリング研究系 助教
日本アクチュアリー会正会員

nomura 東京大学工学部卒業。東京大学情報理工学系研究科修士課程修了。総合研究大学院大学複合科学研究科博士課程修了、博士(統計科学「Stochastic Models and Forecast for Recurrent Earthquakes」)。
(株)損害保険ジャパンにて、アクチュアリー業務に従事。その後、東京工業大学大学院情報理工学研究科(数理・計算科学専攻)助教を経て現職。4年でアクチュアリー1次試験・2次試験全科目に合格し、理事長賞受賞(2010年)。損保数理、年金数理 平成19年度 成績優秀賞受賞(2008年)。
所属学会:日本統計学会、日本行動計量学会、日本地震学会、日本地球惑星科学連合、日本オペレーションズ・リサーチ学会、日本保険・年金リスク学会
(主要著書・論文)
統計学 One Point 2「カルマンフィルタ:Rを使った時系列予測と状態空間モデル」(共立出版、2016)
「活断層で繰り返される地震の点過程モデルとその長期確率予測」(統計数理 第63巻第1号、2015年6月)
"Space-time model for repeating earthquakes and analysis of recurrence intervals on the San Andreas Fault near Parkfield, California(with Ogata, Y. and Nadeau, R.M.)" (Journal of Geophysical Research, Vol.119, Issue9, September 2014)

主な担当講座

深澤 誉子
シグマベイスキャピタル株式会社 フェロー
英語検定1級
英語教授法TESL(Teaching English as a Second Language)資格
SAP財務会計コンサルタント認定資格

fukazawa 東京大学文学部社会学専攻卒業。同年、日本IBM株式会社(旧IBCS)入社。国内メガバンク向けのリスク管理・決済関連の業務・ITコンサルティングに従事。その後、翻訳業に転身し、ビジネス全般(金融、経済、IT、企業IR)、学術論文、出版書などの日英・英日翻訳、ネイティブチェックを担う。主なビジネス関連の共訳書に『戦略経営論―競争力とグローバリゼーション―<改訂新版>』(センゲージラーニング株式会社、2014年)。
翻訳学校フェローアカデミー・マスターコース修了。英語教授法TESL(Teaching English as a Second Language)資格取得。SAP財務会計コンサルタント認定資格取得。
TOEICスコア990点、TOEFLスコア116点。

主な担当講座

福井 誠久
シグマベイスキャピタル株式会社 フェロー
株式会社カクタスインベスト 会長

shukuwa 慶応大学経済学部卒業。同年、日本興業銀行入行。審査部、大阪支店総務部長、管財室長、興銀オフィスサービス代表取締役、興銀リース、第一リース、IBJ東芝リースの各常勤監査役、協同油脂の非常勤監査役を歴任。
専門分野:監査業務、リース・自動車・資源などの業界調査など。

脇屋 勉
シグマベイスキャピタル株式会社 フェロー
英語検定1級

tamaki 一橋大学商学部卒。卒業と同時に日本長期信用銀行入行。
外国為替ディーラー(国際資金証券部)、国際企画部等を経て1994年長銀ソウル支店長就任。1999年整理回収機構総務室長。その後、国際規格研究所代表取締役社長等を経て、2017年シグマベイスキャピタルフェロー就任、現在に至る。

講師

荒川 佳子
株式会社グラックス・アンド・アソシエイツ マネージャー

不動産鑑定士、宅地建物取引士
一般企業勤務の後、不動産鑑定事務所での不動産鑑定評価、不良債権処理に係わるデュー・ディリジェンス業務を経て、不動産AM会社等でアクイジション業務、アセットマネジメント業務に従事。株式会社グラックス・アンド・アソシエイツにおいては、不動産評価業務を中心に、クロージングサポート業務等にも従事。
早稲田大学教育学部卒

主な担当講座

砂川 伸幸
京都大学経営管理大学院教授、(株)船井総研ホールディングス社外取締役

新日本証券(現みずほ証券)、神戸大学助手、助教授を経て、2016年4月より現職。博士(経営学)。日本ファイナンス学会理事、日本証券アナリスト協会試験委員、上場企業の独立委員、企業研修の講師などをつとめる。主な著書は「はじめての企業価値評価」(2015年、日経文庫、共著)「日本企業のコーポレートファイナンス」(2008年、日本経済新聞出版社、共著)、「コーポレート・ファイナンス入門」(日経文庫)。国内外に多数の論文を発表。

主な担当講座

内田 芳樹
MDPビジネスアドバイザリー株式会社代表取締役、ニューヨーク州弁護士
前KPMGビジネスアシュアランス株式会社COO

東京銀行入行。営業企画部法務室、ニューヨーク支店法務室、本店財務開発部M&A(1990・1991年度 No.1 M&Aプレーヤー)、ロスアンゼルス支店、ユニオン銀行(加州)、東京三菱銀行コンプライアンス室等を経験。その後 Arthur Andersen Tax, Legal, Business Advisory Director、KPMGビジネスアシュアランス(株)LRM事業部統括COO、KPMG Legal(日本)代表兼務後、KPMGよりLegalビジネスアドバイザリー部門を分離・独立、MDPビジネスアドバイザリー株式会社を設立。
早稲田大学大学院法学研究課卒(法学修士)、ジョージワシントン大学法学部卒(比較法学修士)、ジョージタウン大学法学部卒(法学修士)

主な担当講座

大島 真一
株式会社ベストムーブ 代表取締役
株式会社グラックス・アンド・アソシエイツ 顧問

UBS証券会社の投資銀行部門にて、数多くの産業分野におけるM&A案件、銀行・保険・ノンバンクを中心とした金融機関の財務リストラクチャリング等の提案および案件実行に従事。ピナクル株式会社に転籍し、国内・クロスボーダーのM&A案件を多数提案および実行。その後、株式会社ベストムーブを設立し、大企業、中小企業、ベンチャー企業に対するM&A/資金調達アドバイザリーを行う。医療・ヘルスケア関連企業、金融機関に関するM&A案件および買収防衛関連案件に強みを持つ。
東京大学経済学部卒

主な担当講座

大八木 雅明
株式会社グラックス・アンド・アソシエイツ 執行役員

不動産鑑定士
千葉銀行にてローン業務に従事した後、不動産鑑定事務所にて不動産鑑定評価、不良債権処理に係わるデュー・ディリジェンス業務に従事。当社では、企業再生・事業再生案件・NPLバルクセールにおける不動産評価業務を中心に、多数の不動産関連ビジネスに従事。担保不動産に関する複雑な権利関係の精査、割付業務等も多数経験。
中央大学法学部卒

主な担当講座

菅野 正泰
日本大学商学部 教授

早稲田大学理工学部卒業。
1989年:農林中央金庫入庫。国際業務、金融技術業務、IT業務等に従事
2001年:現新日本有限監査法人アーンスト・アンド・ヤングに移籍し、ファイナンシャル・リスクマネジメント・アドバイザリー業務等に従事。
2003年:一橋大学大学院国際企業戦略研究科修士課程修了、金融戦略MBA
2006年:京都大学大学院経済学研究科ファイナンス工学講座博士後期課程修了、博士(経済学)
2009年:神奈川大学経営学部准教授(ファイナンス)
2016年:日本大学商学部 教授
著書に、『信用リスク評価の実務』(中央経済社)、『入門 金融リスク資本と統合リスク管理』(金融財政事情研究会)、『リスクマネジメント』(ミネルヴァ書房)等がある。

主な担当講座

古宇田 義規
日興アセットマネジメント株式会社 コンサルタント・リレーション部長

東京大学経済学部卒、INSEAD(欧州経営大学院)のMBA課程修了。
日本債券信用銀行において、証券投資、デリバティブ、リスク管理を広く経験。その後、資産運用業界に転じて20 年の経験を持つ。この間、グルーバル・コンサルティング会社のラッセル、マーサーにて運用コンサルタントを経験、米系の資産運用会社のシティグループ・アセットマネジメント、JP モルガン・アセット・マネジメントでは、顧客リレーション、コンサルタント対応、商品企画等、幅広くカバー。現在は日興アセットマネジメントに所属。
CFA協会認定証券アナリスト、日本証券アナリスト協会検定会員、CFP 認定者

主な担当講座

高橋 豊治
中央大学商学部 教授

横浜市立大学商学部経済学科卒業。一橋大学大学院商学研究科博士課程修了。
青山学院大学講師、千葉経済大学専任講師、シグマベイスキャピタル株式会社取締役研究開発部長、高千穂大学商学部教授を経て現職。

主な担当講座

建宮 努
第一工業大学 准教授

博士(総合社会文化)/修士(国際情報)/中小企業診断士/国際会計検定BATICコントローラーレベル/FP技能士2級。ビジネスマネージャー検定合格。日本経営診断学会正会員、日本国際情報学会正会員、人材育成学会正会員、日本経営分析学会正会員。著書多数。

主な担当講座

徳勝 礼子
BNPパリバ証券株式会社 レラティブバリュー・ストラテジスト

東京大学経済学部卒業、シカゴ大学統計MBA。
ソロモン・ブラザーズでトレーディング部のクオンツ・サポートに携わった後、ドイツ証券などで金利ストラテジーを研究・推奨。その後、バークレーズ証券でクオンツ・金利ストラテジー担当を経て現職。CFA協会認定証券アナリスト。
著書に『マイナス金利-ハイパー・インフレよりも怖い日本経済の末路』(東洋経済新報社)等がある。

主な担当講座

富安 弘毅
モルガン・スタンレーMUFG証券株式会社 債券統括本部フロントリスクオフィサー

一橋大学で国際金融、同大学院国際企業戦略研究科で金融工学を専攻。米国UCLAアンダーソンスクールにてMBAを取得。
日米の金融機関で23年以上にわたりリスク管理業務に携わり、現在はモルガン・スタンレーMUFG証券株式会社債券統括本部フロントリスクオフィサーを務める。
主な著書に『カウンターパーティーリスクマネジメント』(金融財政事情研究会)、『ファイナンス計量分析入門』(東洋経済新報社、共著)、『リスクマネジメントの本質』(共立出版、共訳)、『信用リスクモデル入門』(東洋経済新報社、共訳)がある。

主な担当講座

畠田 敬
神戸大学大学院経営学研究科准教授

流通科学大学商学部専任講師、日本大学経済学部助教授を経て、2005年4月より神戸大学大学院経営学研究科准教授。博士(経済学・大阪大学)。所属学会は、日本経済学会、日本ファイナンス学会、日本金融学会。
主要論文「日本における配当の硬直性」(2013年、国民経済雑誌)、“Factors influencing corporate environmental protection activities for greenhouse gas emission reductions: The relationship between environmental and financial performance", (2012年、Environmental and Resource Economics、共著)等。

主な担当講座

平山 裕康
株式会社スバックテクノロジーズ 代表取締役

東京大学工学部金属工学科卒業。同年日本債券信用銀行入行。オプショントレーディング業務に携わる。1997年よりドイツ銀行東京支店外国為替部ディレクターとしてオプションセールス業務を担当。その後BNPパリバ銀行東京支店市場営業部長、カナダロイヤル銀行東京支店 外国為替部長などを歴任。日本証券アナリスト協会検定会員。

主な担当講座

尾藤 剛
日本リスク・データ・バンク株式会社 取締役常務執行役員

東京大学法学部卒。あさひ銀行(現りそな銀行)を経て、2003年日本リスク・データ・バンク入社。現在、同社取締役常務執行役員、データベース統括部長としてデータベース運営、およびプロダクト管理に従事。日本証券アナリスト協会検定会員。
主な著書に『ゼロからはじめる信用リスク管理-銀行融資のリスク評価と内部格付制度の基礎知識』(2011年、きんざい、共著)、『プライムレート革命-脱「貸し渋り」の金融システム』(2009年、きんざい、共著)などがある。

主な担当講座

藤井 保紀
静岡産業大学特任教授、中外製薬監査役

一橋大学卒業後、日本長期信用銀行入行。同行取締役ロンドン支店長、熊谷組専務取締役海外本部長を経て、現職。
ペンシルベニア大学大学院で経済学修士、千葉大学大学院で経営学博士。米国公認会計士。
日本会計研究学会正会員、前アメリカ会計学会(AAA)正会員。
著書に『IFRSの衝撃』(日経BP社)、『会計ビッグバンとコーポレートガバナンス』(シグマベイスキャピタル)、『グローバル社会の会計学』(共著、森山書店)など。

主な担当講座

藤田 康範
シグマベイスキャピタル株式会社 特別研究員
慶応義塾大学経済学部教授

慶應義塾大学経済学部卒業。慶應義塾大学大学院経済学研究科修士課程終了。工学博士(東京大学)。
専門領域は、応用経済理論・経済政策。大学では、経済政策のミクロ分析、金融資産市場論、金融投資サービス論等を担当。ゲーム理論や新産業組織論、リアルオプション理論等を路まえた貿易政策、政策金融、環境政策等のあり方を探求すると 同時に、応用経済理論分析に基づく経営戦略としてのビジネスモデル作成方法の開発に挑戦している。
『経済金融のための数学』シグマベイスキャピタル(2008)
『ビギナーズ ミクロ経済学』ミネルヴァ書房 (2008)
『ビギナーズ マクロ経済学』ミネルヴァ書房 (2009)
『Wall Streetの英語』シグマベイスキャピタル(2010)
等、金融関連著書、評論も多数。

主な担当講座

古澤 基徳
株式会社グラックス・アンド・アソシエイツ マネージャー

税理士、不動産鑑定士、ASA国際資産評価士(機械設備)
税理士事務所にて中小企業の巡回監査や相続・贈与時の財産評価を担当、不動産鑑定事務所では不動産の鑑定評価業務ほか国税局の鑑定評価員、市町村の固定資産税評価員として公的評価にも従事。
株式会社グラックス・アンド・アソシエイツにおいては、主にM&A案件や企業再生案件における事業・財務デュー・ディリジェンス、ABL活用時における在庫、機械設備などの動産評価業務に従事。
札幌学院大学商学部卒

主な担当講座

牧本 直樹
筑波大学ビジネスサイエンス系教授

東京工業大学理学部卒業。東京工業大学大学院理工学研究科博士課程修了。博士(理学)。
東京工業大学理学部助手、同講師、筑波大学助教授を経て現職。

主な担当講座

三上 泰樹
株式会社グラックス・アンド・アソシエイツ 取締役常務執行役員

三井住友銀行にて、主に業績不振企業や法的整理企業に対する再生関連業務、不良債権処理等を担当。
株式会社グラックス・アンド・アソシエイツにおいては、事業法人に対する財務・事業デュー・ディリジェンス、再生計画の策定、経営改善アドバイスや営業力強化支援などに従事。M&A案件における、FA、企業価値評価業務等を多数経験。
関西学院大学商学部卒

主な担当講座

村上 秀記
横浜国立大学 成長戦略研究センター客員教授、経済学博士

元メリルリンチ証券マネージング・ディレクター、19年にわたる金利・為替デリバティブトレーダー、ストラクチャリングの経験を経て現職。
横浜国立大学経済学部卒業。
一橋大学大学院国際企業戦略研究科修士課程修了。
横浜国立大学国際社会科学研究科博士課程修了。

主な担当講座

山下 智志
総合研究大学院大学統計数理研究所教授

京都大学工学研究科修了。安田信託銀行投資研究部、熊本大学工学部助手、統計数理研究所助手、助教授を経て、2011年より現職。 博士(工学)。この間、マサチューセッツ工科大学客員准教授、金融庁金融研究研修センター特別研究員を兼任。金融リスクの計量化を専攻。
主要著書は「経営科学とコンピュータ」(1996 共立出版)、「市場リスクとVaR」(2000 朝倉書店)、「信用リスクモデルの予測精度」(2011 朝倉書店)など。

主な担当講座

山田 雄二
筑波大学ビジネスサイエンス系教授

東京工業大学大学院総合理工学研究科博士後期課程修了。
博士(工学)。日本学術振興会特別研究員、カリフォルニア工科大学ポスドク研究員、筑波大学大学院ビジネス科学研究科助教授、同准教授を経て、2013年より現職。

主な担当講座

松川 忠
パインブリッジ・インベストメンツ株式会社 債券運用部長

上智大学外国語学部卒。同年日本債券信用銀行入行。内外金利・債券ディーリング、債券ファンドマネジメント、クレジット審査などに従事。
2002年に退社。GEエジソン生命、AIGインベストメンツなどを経て現職。
日本証券アナリスト協会検定会員

主な担当講座

青木 茂幸
東京国際コンサルティング株式会社 代表取締役

銀行、各種金融商品取引業、保険会社など国内外350社を超える金融機関、事業法人、官公庁等に対する規制対応アドバイザリーサービス、内部統制・コンプライアンス態勢整備、リスク管理態勢整備、内部監査支援サービスを統括。東京大学法学部卒。三菱信託銀行、経済企画庁等を経て現職。日本内部監査協会金融内部監査士試験委員等を歴任。第二地方銀行協会・日本証券業協会・東京証券取引所等での講演多数。

主な担当講座

糸田 真吾
シグマベイスキャピタル株式会社 客員研究員

東京外国語大学外国語学部英米語学科卒業
1994年~2009年:JPモルガン証券やUBS証券等の欧米の金融機関で、CDSや証券化商品の組成・販売に従事
2008年~2009年:明治大学商学部にて金融特殊講義担当
2009年~2011年:日本銀行金融市場局にてクレジット市場のモニタリング担当
著書として、『クレジット・デリバティブのすべて』(共著、財経詳報社、2007年)、『ビッグバン後のクレジット・デリバティブ』(共著、財経詳報社、2010年)

乾 晴彦
シグマベイスキャピタル株式会社 特別研究員

CFP・1級FP技能士
長年金融機関に勤務し富裕層向けコンサルティング業務を担当する。その後、大手証券会社の人材開発部で、FP・生命保険の教育責任者として社内講師を務める。2005年に独立。現在は、金融機関、不動産会社、税理士会、上場企業、FPの教育機関で主に預かり資産及び富裕層向けの研修講師として活躍している。

主な担当講座

松浦 剛志
有限会社ウィルミッツ 代表取締役

京都大学経済学部卒。東京銀行(現三菱東京UFJ銀行)審査部にて企業再建を担当。その後、グロービス(ビジネス教育、ベンチャー・キャピタル、人材事業)にてグループ全体の会計・人事・総務の統括、アントレピア(ベンチャー・キャピタル)にて投資先子会社の社外取締役などに従事する。
2002年、戦略、会計・財務、人事を中心とするコンサルティングファーム、ウィルミッツを創業。2006年、BPRコンサルティングをウィルミッツから分社化し、プロセス・ラボを創業。現在は2社の代表取締役を務める傍ら、研修講師としてビジネスパーソンのスキル向上を支援している。
講師分野:経営戦略、会計・財務、予算・目標策定

主な担当講座

村井 将
大和証券株式会社 ストラクチャード・プロダクト部次長

横浜国立大学経営学部卒業後、信託銀行を経て2005年に大和証券に入社し、デリバティブの企画業務を担当。2013年より現職。現在クレジット関連の仕組み商品の組成を担当。
日本証券アナリスト協会検定会員。

米倉 昌克
シグマベイスキャピタル特別客員研究員、サイト「数理ファイナンス」運営者

名古屋大学経済学部卒業。同年、野村証券入社。以降野村コンピュータ、NRI データサービスなど野村グループ関連会社に在籍。金融関連システムに従事。2006年野村総合研究所退社。
2006年早稲田大学大学院ファイナンス研究科修了。専門職MBA。同年より金融工学サイト「数理ファイナンス」を運営。現在に至る。