個人のお客様はこちら

日本の金融理論教育をリードするシグマインベストメントスクール


menu

シグマ専門科とは?

最前線の金融・証券業務に係る理論と実務への応用を基礎から最先端領域までパソコンによる演習も駆使し体系的に教育するコースです。受講生は原則として所属企業から派遣していただきますが、意欲ある個人の方にもご参加いただいています。

運営要領(専門科・研究科共通)

  • 全コースにつき講義終了時に「シグマ業務検定1級試験」を実施します。
  • 不合格の場合は次期開催同一コースに編入して頂くことが可能です。追加費用は頂きません。ただし1回のみとさせていただきます。
    (諸事情により開講されない場合もございますので、あらかじめご了承ください。)
  • 各コース受講者に自習用テキスト、論文等を配布します。
  • 講義期間中に適宜アンケート調査を実施し、以降の講義方針に反映させます。
  • 講義内容に関する質問を随時受け付け、受講者の個別相談に応じます。
  • 講義の進捗にあわせたDVDがございますので、都合で出席できなかった方には無料で3回までお貸出しいたします。(ただし、DVD学習はあくまで次善的手段としての位置付けです。画像・音声の質は保証致しかねますので、極力講義へのご出席をお願いいたします。また、お貸ししたDVDは学習後、返却して頂きます。)

スペシャリストコース「研究科」とは?

第90期(2013年4月開講)より、真のスペシャリストを養成するためのコースとして、専門科コースの内容をより進化・発展させた「研究科」コースを開設しています。

昨今の金融取引の進化、マーケットの複雑化等を背景に、金融各分野、特に金融理論を駆使する必要がある分野では、これまで以上に深い専門的な内容を身に付ける必要が高まっています。そこで弊社では、実務上高度な理論が必要とされる分野について、従来の専門科コース以上に高度かつ深い内容を扱う研究科コースを開設しました。

まず研究科コースの第一弾として、専門科「オプションコース」の講師であり、難解な内容を非常に分かりやすく説明してくださることで定評のある、村上秀記講師による「デリバティブ価格理論コース」を開設します。

従来の専門科以上に受講者には強い学習意欲が求められる内容になっておりますが、その分、より先端の実務にそのまま活かせる内容になっていると考えております。デリバティブ・金融工学関連専門科コースの卒業生の方、高度なデリバティブの知識を身につけたい方など、是非ご受講ご検討いただければと考えております。

「通信制スクール」とは?

「専門科」プログラムのうちご要望の多いコースについて、eラーニングを使ってあなたのPC・スマホで受講できる「通信制スクール」を開始します。

いつでも・どこでも・何度でも。シグマ最高峰の授業をあなたのペースで受講できます。

白熱した講義の臨場感を余すところなく再現。エクセルを活用した豊富な演習が出来るほか、当スクール最高レベルの検定試験にも挑戦することが出来ます。

通信制スクールの受講にあたって

  • 講義映像および講師資料、演習用ファイルはeラーニングでご提供します。基本テキストおよび検定試験は郵送でお届けします。
  • 受講開始から一定期間経過後、弊社より試験問題および関連資料をお送りします。(検定試験は「通学制スクール」同コースの開講時期と合わせて実施します。)定められた期間内にご回答いただき、弊社までご返送ください。
  • 答案は採点してお返しするとともに、合格された方には「修了証」をお送りします。なお、合格基準は「通学制スクール」に準じます。
  • 各コースでは「前提知識」を定めています。お申し込みの前に必ずご確認ください。
  • eラーニングおよびExcel演習をご利用いただくための環境は、ご自身でご用意いただく必要があります。
  • 受講者の休学、受講期間の延長、他の方への受講の引継ぎは一切認めておりませんので、ご了承ください。

eラーニングシステムの動作環境