個人のお客様はこちら

日本の金融理論教育をリードするシグマインベストメントスクール


menu

金融数理Σ3級コース

これから金融数理を学ぶ方、「証券アナリスト」にチャレンジする方に!

  受講期間:3か月   難易度:★★★★   受講料:22,000円(税込)

本コースの魅力

これから金融数理を学ぶ方、「証券アナリスト」にチャレンジする方に最適です。実務に則った解説を徹底し、計算例をふんだんに取り入れた、具体的かつ理解しやすい内容です。

  • 金融に必要な数理知識を基本から効率的に学べるテキストです。
  • 必要な数理知識を厳選し、完全に理解していただきたい部分は省かず説明し、ざっくりとで良い部分は直観的に説明しています。
  • 数値による計算例をふんだんに取り入れ具体的に理解できるようにしています。

こんな方におすすめ

  • 証券アナリスト試験にチャレンジしたいが数学が苦手という方
  • 金融数理のファースト・ステップ教材を探している方
  • 金融数理を学びたいが数学が苦手という方

カリキュラム

第1分冊 金利と債券利回り/現在価値算出に関する計算

1.金利計算
 ・単利/複利計算
 ・連続複利について
 ・EXCEL による計算例
2.債券利回り
 ・債券の価格変動
 ・単利利回り/複利利回り
 ・複利利回りの意味
 ・等比数列の概念と和の公式
 ・スポット・レート
3.現在価値計算
 ・金融商品の価格の考え方
 ・元利均等弁済額の算出
 ・永久年金の現在価値計算
 ・配当割引モデル
 ・利付債券の理論価格

第2分冊 微分/積分計算

1.微分とは
 ・デュレーションとは
 ・微分とは
 ・導関数の求め方
2.デュレーションの導出と利用
 ・デュレーションの導出
 ・デュレーションの意味
3.いろいろなデュレーションとその意味
 ・修正デュレーション
 ・マコーレー・デュレーション
 ・デュレーション概念による債券特性の分析
4.感応度に関するその他の話題
 ・オプションのデルタ
 ・コンベクシティ
5.積分
 ・原始関数と不定積分
 ・定積分
 ・あらためて定積分の定義

第3分冊 確率/統計

1.確率の基礎
 ・確率変数・確率分布の概念
 ・期待値
 ・分散と標準偏差
2.確率変数間の関係の把握
 ・共分散と相関係数
3.ポートフォリオのリスク
 ・ポートフォリオのリスク計算
 ・独立な確率変数という概念
4.連続型の確率変数の概念と正規分布
 ・連続型の確率変数とは
 ・正規分布
 ・VaR の考え方

教材内容

教材 教材送付セット
 ・テキスト3冊
 ・添削問題3冊(内、総合試験問題1冊)

修了基準
 ・全添削問題期限内提出
 ・総合得点210点以上

受講料

22,000 円(税抜価格20,000円)

受講生の声

  • 一般的な書籍の記載は厳密さを追求するあまり、理解するのがとても大変ですが、この講座は各項目の大まかなイメージを伝えるという姿勢が貫かれており、とても知識が付いたように感じます。
  • 各項目の説明がとても丁寧かつ実務に則しているため、理解しやすかったです。

ステップアップ

本コースをマスターした方には、以下のコースをお薦めします。最高峰の専門科に挑戦する方もいらっしゃいます。

お申し込み方法

個人のお客様

下記申込みフォームに必要事項を入力し、送信してください。
(お申し込みボタンを押すと、新しいウィンドウまたはタブが開きます。)
送信されますと、弊社より確認メールが届きます。

金融数理Σ3級コース
お申込み

<受講開始時期についてのご案内>
毎月20日までにお申し込みいただきますと、翌月1日から開始となります。
毎月21日以降のお申し込みの場合、翌々月1日の開始となります。

法人・団体のお客様、人事ご担当者様

法人・団体のお客様、人事ご担当者様
お申込み

<受講開始時期についてのご案内>
毎月20日までにお申し込みいただきますと、翌月1日から開始となります。
毎月21日以降のお申し込みの場合、翌々月1日の開始となります。

ディスクレーマー(免責条項)

本講座において、特定の商品や株式における個別銘柄、業種などの推奨は行なっておりません。したがって、株式の個別銘柄に関するお問い合わせや、株式市場の方向感、政治情勢に関するコメントなど、株式その他の投資の判断に影響を及ぼすと思われるものについてのお問い合わせに関しまして、一切お受けいたしません。最終的な投資判断はご自身でお願いします。

講座に関するお問合せ

本講座に関するお問い合わせは、画面上部の「お問い合わせ」からどうぞ。
入力欄に講座名をご記入いただき、ご質問内容をご入力ください。
「よくある質問」もご覧ください。