個人のお客様はこちら

日本の金融理論教育をリードするシグマインベストメントスクール


menu

新入社員・新規配属者向け公開講座|Zoomライブ配信

実例から学ぶキャッシュフロー分析の基礎力強化

~ 難解なキャッシュフロー計算書をやさしく読む ~

  • 本講座はZoomでのオンライン受講を基本としていますが、教室での対面受講を希望の方はご相談ください。

【開催日】 2021年10月29日(金)
【講師】 久保田 正純  【受講料】 1名につき 38,500 円(税込)

【日本FP協会継続教育対象講座】
課目:タックスプランニング 認定単位数:AFP:7.0/CFP:7.0

セミナーの特徴

image 財務分析はキャッシュフローの十分な理解の上に成り立ちます。 一方、P/L中心の分析では、企業の実態はほとんどほとんど理解できません。
このコースでは、まずキャッシュフロー計算書とB/Sを中心に財務分析を説明します。 続いて、実際の企業の財務分析を行います。 これにより、実務への応用可能なレベルまで理解度の向上を目指します。

こんな方におすすめ

  • 財務3表の内容は一応理解しているがレベルアップを図りたい方
  • 連結キャッシュフロー計算書については導入レベルの研修を受けたことはあるが、それから時間が経っている方
  • 業務のスキルアップのため、連結キャッシュフロー計算書の理解を深めたい方

実施スケジュール

日 程
  1. 2021年10月29日(金) 9:00~17:00(7時間、昼休憩1時間)
定 員 20名(先着順。定員を超えた場合、お申込順で締め切らせて頂きます)
参加形式 Zoomによるリアルタイム配信
備 考
  • ・Zoomをご利用になれる環境をご準備ください。
  • ・開催日数日前にZoomの招待状をメールでお送りします。
  • 教室での対面受講を希望の方はご相談ください。
  • 講師

    久保田政純

    久保田 政純(くぼた・まさずみ)

    • 株式会社 カクタスインベスト 代表取締役社長
    • シグマベイスキャピタル株式会社 フェロー
    • 中小企業診断士 / 中小企業コンサルタント

    東京大学経済学部卒業後、日本興業銀行入行。審査部、外国部アジア班、ジャカルタ駐在。 和光証券事業法人本部部長などを経て、1989年経営コンサルタント開業。
    公認会計士第三次試験委員、常磐大学国際学部教授、明治大学大学院グローバルビジネス学科非常勤講師、麗澤大学・大学院特任教授を歴任。 国内外における審査の第一人者。実際の企業経営に長年従事するなど実務経験も豊富。

    主な著書

    • 『設備投資計画の立て方』(日本経済新聞社、1999)
    • 『企業審査ハンドブック』(編著・日本経済新聞社、1997)
    • 『実務家のためのキャッシュフロー分析と企業価値評価』(シグマベイスキャピタル、2006)
    • 『国際ビジネスファイナンス 第12版』(監訳・麗澤大学出版会、2011)

    カリキュラム

    • キャッシュフロー概要
      (1) キャッシュフロー分析の基礎(キャッシュフローチャートの説明)
       ・キャッシュフローとは
       ・B/Sとキャッシュフローの関係
       ・P/Lとキャッシュフローの関係
      (2) 固定資金と運転資金
       ・固定資金と運転資金
       ・固定資金と現金利益(償却前・引当前利益)
       ・運転資金と回転期間(営業循環の指標)
      (3) 資金運用表(間接法、最重要なキャッシュフロー計算書)
       ・二分法と三分法
       ・運転資金、固定資金、財務資金別分析
      (4) キャッシュフロー計算書(間接法が主、一般的に使用される標準的な財務諸表)
       ・営業キャッシュフロー
       ・フリーキャッシュフロー
      (5) 資金繰り表(直接法、実際のキャッシュフローを表示)
      (6) 資金移動表(格付けなどで利用)
       ・経常収支比率
    • B/Sの概要
      (1) B/Sの生成
      (2) 資金バランス
       ・B/Sを資金の投資と調達の残高表という観点から、事業資産と非事業資産の区分、資金の運用と調達を明確化したもの
      (3) P/Lの留意点(営業利益、減価償却費他)
    • キャッシュフローとB/Sの分析
      (1) 事業用固定資産の投資回収期間
      (2) 運転資金の回転期間分析
      (3) 営業キャッシュフロー(会計利益との対比)
      (4) フリーキャッシュフロー
    • 事例演習1 エレカーの事例
       B/S、資金運用表・キャッシュフロー計算書・資金移動表の作成

      事例演習2 業種別B/Sとキャッシュフローの特徴


    • 収益力分析
      ROA(総資産営業利益率)とROE(株主資本利益率)
      (1) ROA(売上高営業利益率と総資産回転率)
      (2) ROE(売上高税引後利益率、総資産回転率、レバレッジ)
      (3) セグメント分析(事業ポートフォリオの判定に最重要)
    • 財務分析まとめ
      (1) 趨勢分析と競合他社比較
      (2) 主要財務比率(ROA、ROE、自己資本比率、投資回収期間、回転期間、経常収支比率など)
      (3) IFRSなど時価会計の留意点(DCF、包括利益、のれんなど)
    • 事例演習3 静態比率と回転期間(動態比率)の分析


    • 総合演習
      信越化学、セブン&アイ、ソフトバンクグループとソフトバンク等

    確認テスト
    講義終了後に実施します。答案は期限内に提出していただきます。

    • ※カリキュラム内容は変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
    • ※終了報告として、受講者アンケート、確認テスト結果、講義資料等を研修ご担当者様にお届けいたします。

    受講料

    1名につき 38,500 円(税抜価格 35,000 円)

      【割引料金のご案内】

    • 2講座をお申し込みの場合は合計受講料から5%割引いたします。
    • お支払い方法「クレジットカード」でお申し込みの方には、割引条件を満たすことを弊社が確認した後、差額分を返金いたします。

    FP資格をお持ちの方へ

    AFP/CFPの方は、本講座の受講により、FP継続教育単位が取得できます。
    お申し込みフォームにお持ちの資格(AFP資格/CFP資格)をご入力ください。
    ※法人で複数名の派遣をご希望されるお客様は、参加者をご連絡いただく際に併せてお知らせください。

    種類 通学
    課目 タックスプランニング
    認定単位数 AFP:7.0/CFP:7.0
    修了条件 なし

    お申し込み方法

    WEB申込

    下記申込みフォームに必要事項を入力し、送信してください。
    (お申し込みボタンを押すと、新しいウィンドウまたはタブが開きます。)
    送信されますと、弊社より確認メールが届きます。

    【1】法人で複数名の派遣をご希望されるお客様
    折返し、担当よりご連絡させていただきます。(ご請求書でのお支払いのみとなります)

    【1】2021年秋の公開講座
    キャッシュフロー分析の基礎力強化

    【2】個人のお客様、またはクレジットカード決済をご希望のお客様
    (1名様毎のお申込みとなります)

    【2】2021年秋の公開講座
    キャッシュフロー分析の基礎力強化

    FAX申込

    下記ボタンより受講申込用紙をダウンロードし、ご記入の上、弊社までFAXしてください。
    FAX番号:03-6222-9842

    申込書(PDF)

    お申込みに関する注意事項

    • 2021年10月15日(金)までにお申し込みください。
      ※ 受講人数が未確定等の場合も【予約】が出来ますので、弊社担当者までご連絡ください。
    • 法人で複数名の派遣をご希望されるお客様は、2021年10月22日(金)までに、参加者の「氏名」「フリガナ」「Emailアドレス」を弊社担当者までご連絡ください。 受講者毎に受講IDを発行いたします。
      ※FP資格をお持ちの受講生がいらっしゃる場合は、受講者名と併せて「AFP」「CFP」の区分をお知らせください。
    • 2021年10月22日(金)以降、お申込み講座の「受講案内」「講座テキスト」を派遣責任者様宛てにお送りいたしますので、各受講生に配布をお願いします。
      Zoomを利用するコースでは、「Zoom招待メール」をご担当者様にお送りしますので、各受講者様にご案内ください。
    • 講座開講後、受講料の「請求書」をご担当者様宛てにお送りさせて頂きますので、社内処理規程に基づきお取扱いをお願い申し上げます。
    • 講座終了後、「受講生アンケート、確認テスト採点結果講義資料」等を派遣責任者様宛にお届けいたします。

    お申込みに関するお問合せ

     電話番号:03-6222-9843(公開講座担当)

    厚生労働省「人材開発支援助成金」活用のご案内

    助成金制度をうまく活用することで、法人研修のコストをおさえることが可能です

    2021年秋の公開講座は、厚生労働省「人材開発支援助成金」の対象となります。
    この制度の利用には、厚生労働省が定める申請書類の提出など、多くの手続きが必要ですが、シグマインベストメントスクールでは、ご要望に合わせ、弊社パートナー企業をご紹介させていただきます。
    ご相談ベースでも結構ですので、お気軽にお問い合わせください。

    対象コース

    • 2021年「キャリア採用、新規配属者、若手社員向け公開講座」2科目
    • ※外部団体主催の研修を「10時間以上受講すること」が条件ですので、2科目とも受講される方が対象です。

    活用する助成金

    • 厚生労働省「人材開発支援助成金」特定訓練コース 若年人材育成訓練
      ※入社5年以内かつ35歳未満の正社員に対して、1名から活用できる助成金です。

    厚生労働省「人材開発支援助成金」案内ページ

    助成金活用のイメージ

    社員1名様が受講される場合の助成金支給額(計算例)

    • 訓練時間:15時間、 受講料:73,150 円(税込、5%割引適用後の額)
      助成額:中小企業の場合 44,317 円、大企業の場合 27,645 円
    • ・すべて、受講生1名様あたりの金額です。
    • ・中小企業は、「資本金の額」「社員数」により定義されます。業種により基準が異なります。

    助成金に関する注意事項

    • 初回講義の1か月と1日以上前に、助成金申請手続き(労働局への計画届の提出)をする必要があります。
      8月中には「計画届」を労働局に提出できるように、余裕を持って進めることをお薦めします。
    • 本助成制度のHPは4月1日に更新されていますので、内容をご確認ください。
    • 弊社パートナー企業のサービスをご利用いただく場合は、パートナー企業より助成金申請コンサルティング費をご請求申し上げます。 (着手時にご入金いただき、助成金申請を支援します。万が一、ご希望企業様が助成金を受給できなかった場合は、助成金申請コンサルティング費を全額お戻しします)