個人のお客様はこちら

日本の金融理論教育をリードするシグマインベストメントスクール


menu

2019年合格目標・アクチュアリー1次試験対策講座

基本コース|生保数理

このページは、アクチュアリー受験研究会会員専用申込みページです。

【開講日・全8回・24時間】 2019年 4月20日()~ 11月 4日(月・振替
【講師】 西林 信幸 【受講料】81,000 円(税込)〈アク研割引適用〉71,280 円(税込)

インターネットを使ったライブ同時配信【オンライン受講】のお申込みはこちらへ

講座の特徴

本講座は、アクチュアリー試験(第1次試験)のうち、生保数理の合格を目指す方に最適です。
なお、教科書をこれから読まれるという方は、生保数理入門講座も併せて受講されることを推奨します。

  • 教科書の各章について、読む順序、章同士の関係および読まなくてもよい章などを紹介しますので、非効率な読み方を防ぎ、生保数理の全体像が短時間で把握できます。
  • 頻出論点や重要公式も紹介しますので、効率的に得点アップが狙えます。また、瞬殺問題の見分け方や解答テクニックなども紹介します。
  • 生保数理の主要論点(営業保険料、責任準備金、連生保険、就業不能保険、定常状態、平均余命、契約変更など)について、押えるべき論点、間違え易い論点および理解に時間を要する論点などを効率よく紹介します。
  • 各回で取り上げる問題やトピックスは、事前に指定します。また、受講者からの質問および要望も講義終了時に受け付けて、次回以降の講義内容に反映させます。

対象者

  • アクチュアリー1次試験「生保数理」科目について初級レベルの知識習得からはじめて、アクチュアリー試験合格を目指す方。
  • 試験問題に特有の解法テクニックや、過去問の傾向を習得したい方。
  • 生保数理を受験したものの、なかなか合格レベルに達しない方。
  • わからないところや学習方法を講師に直接質問したい方。

講座について

本講座は、シグマインベストメントスクール教室での対面受講のほか、インターネットによるライブ配信を活用し、PCやスマホ、タブレットを通じたオンライン受講~ライブ&見逃し配信受講~もご用意しています。
ライブ受講では、リアルタイムでの配信に加え、チャットによる質問も可能です(質問回答は、セミナーの進行状況によりライブ配信時に対応できない場合もございます)。
また、当日ご都合が悪くご覧になられなかった場合でも、数日後から録画した動画で受講していただくことができる見逃し受講をご利用いただけます。各回の復習用としてもご活用いただけます。
忙しく時間がとれない方、遠方の方も参加しやすい環境を整えています。

【オンライン受講】のお申込み・詳細はこちらへ

日程および会場

日 程
  1. 2019年 4月20日()~ 11月 4日(月・振替)(全8回・24時間)
  2. <基礎期>
  3. 12019年 4月20日() 15:00~18:00(3時間)
  4. 22019年 5月 6日(月・振替) 10:00~13:00(3時間)
  5. 32019年 6月 9日() 10:00~13:00(3時間)
  6. 42019年 7月 6日() 10:00~13:00(3時間)
  7. 52019年 8月17日() 10:00~13:00(3時間)
  8. 62019年 9月23日(月・祝) 10:00~13:00(3時間)
  9. <直前期>
  10. 72019年10月19日() 10:00~13:00(3時間)
  11. 82019年11月 4日(月・振替) 10:00~13:00(3時間)
※開始時刻の30分前より、入場できます。
定 員 22名(先着順。定員を超えた場合、お申込順で締め切らせて頂きます)
会 場 シグマベイスキャピタル株式会社 教室
東京都中央区新川 1-3-10 旭ビルディング 5階
アクセス 東京メトロ 東西線・日比谷線「茅場町」駅 3番出口徒歩3分、1番出口徒歩5分
JR京葉線、東京メトロ 日比谷線「八丁堀」駅 徒歩8分
東京メトロ 半蔵門線「水天宮前」駅 徒歩8分
詳しい地図はこちら(新しいウィンドウが開きます)
備 考
  • ・土日祝日は当ビル入館口が限定されます。
     開催日直前にお送りするメール「受講案内」にてお知らせいたします。

講師

講師:西林信幸

西林 信幸(にしばやし・のぶゆき)

  • シグマベイスキャピタル株式会社 フェロー
  • ジェネラル・リインシュアランス・エイジイ
  • 日本アクチュアリー会正会員

大阪大学大学院 理学研究科博士課程(前期)数学専攻修了。理学修士。
日本生命、ニッセイ基礎研究所、かんぽ生命、トーマツ、アクサダイレクト生命、新日本有限責任監査法人を経て、現在、ジェネラル・リインシュアランス・エイジイに在籍。

主な著書


主な著書

  • 『アクチュアリー試験 合格へのストラテジー 生保数理 』(共著、東京図書、2018)

カリキュラム

<基礎期>

  • 第1回 教科書の全体像
    • 教科書の各章の概要、章同士の関係
      保険料計算基礎率(予定死亡率、予定利率、予定事業費率)がどの章で登場するかなど
    • 教科書の読み方(読んでいくべき章の順序、読まなくても良い章など)
      教科書通りに読み進めるのは非効率
    • 重要公式
      試験によく出題される公式を3つに絞って、その覚え方も説明
  • 第2回 営業保険料
    • 純保険料
      予定死亡率と予定利率で構成される純保険料を最優先に理解
    • 付加保険料(α-β-γ体系)
      予定事業費率で構成される付加保険料の特徴を解説
    • 営業保険料
      養老保険から個人年金保険まで代表的な単生命保険の営業保険料を解説
    • 営業保険料を求める3つのテクニック
      収支相等の原則を含めた、教科書に登場する3つのテクニックを紹介
  • 第3回 責任準備金
    • 責任準備金の発生メカニズム
      掛け捨て型の定期保険でも責任準備金は発生し得ることを解説
    • 純保険料式責任準備金、責任準備金の再帰式、純保険料の分解
      将来法だけでなく過去法の責任準備金も丁寧に解説
    • チルメル式責任準備金
      頻出論点である初年度定期式責任準備金の特徴も解説
    • Thieleの微分方程式
      微分方程式が成立する3つの条件を解説
    • 責任準備金を求める5つのテクニック
      将来法を含めた、教科書に登場する5つのテクニックを紹介
  • 第4回 連生保険
    • 連生
      単生命の場合の「死亡」に当たる概念が複数あるのが連生保険の特徴
    • 最終生存者連生
      ベン図の活用方法も紹介
    • 条件付連生
      最も難しい論点も、2番目死亡の原理で解決
    • 特殊な論点(ゴムパーツの法則にしたがう場合の積分変形テクニックなど)
      頻出論点を具体例で紹介
  • 第5回 就業不能保障保険、多重脱退表
    • 残存表と生命表
      教科書(下巻)には2種類の「表」が登場し、その違いを理解することが先決
    • 脱退率と絶対脱退率
      教科書(上巻)第3章の内容をしっかりと理解する必要あり
    • 群団の性質(例.主集団と副集団、開集団と閉集団など)
      新規加入者のある群団とない群団でどのような差異があるのかを解説
    • 入院保険
      単生命保険ではあるが、養老保険などとの違いを解説
  • 第6回 その他の論点
    • 定常状態、重要公式を図で覚える方法
      定常状態は頻出論点。平均年齢などの概念は図示すれば一発で解決
    • 平均余命
      死亡者の平均余命は教科書に公式があるが、生存者の公式はない。しかし出題はされる。
    • 契約変更
      解約返戻金を一時払営業保険料とみなす場合の注意点がポイント
    • 入院保険
      単生命保険ではあるが、養老保険などとの違いを解説

    <直前期>

  • 第7回 問題演習(過去問およびオリジナル問題を使用)
    • 事前配布した予想問題を受講生が予め解く
      できるかぎり教科書などを見ないで解答すれば頭に残りやすい
    • 予想問題の解説
      単なる解法の説明だけでなく、公式の使い方などのテクニックも紹介
    • 試験問題の読み方、定番フレーズ
      問題文の特徴や条件の与え方で、解答テクニックを見極めることが可能
  • 第8回 総まとめ
    • 試験直前の過ごし方
      講師が受験生の頃の失敗談を踏まえて直前の過ごし方などを伝授
    • 試験当日のテクニック(例.時間配分、持参物など)
      電卓や時計などの重要アイテムは必ず2個持参など。正露丸も
    • 重要公式、重要テクニックの復習
      頻出公式やその使い方を最終チェック
    • 教科書のおさらい
      重要ポイントを効率的に押える

    ※カリキュラム内容は一部変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

    教材

    配布資料

    • 講師作成の講義レジュメを当日配布します。
    • 次回講義の予習のための事前資料を配布します。(無い場合もあります)

    テキスト

    本講義で用いる書籍です。各回の講義で持参されることを前提とします。

    • 二見隆(著)『生命保険数学(上・下巻)』(日本アクチュアリー会)

    過去問

    過去問および日本アクチュアリー会からの公式解答は、適宜、投影しますので、持参されなくても構いません。

    ※電卓は各自ご持参ください。

    受講料

    81,000 円(税込)〈アク研割引適用〉71,280 円(税込)

    お申し込み

    WEB申込

    下記申し込みフォームに必要事項を入力し、送信してください。
    (お申し込みボタンを押すと、新しいウィンドウまたはタブが開きます。)
    送信されますと、弊社より確認メールが届きます。

    講座 お申し込み

    アクチュアリー1次試験対策講座
    基本コース 生保数理

    このお申込みは、アクチュアリー受験研究会会員専用です。
    割引を適用するには、アクチュアリー受験研究会の「登録ユーザー名」「登録メールアドレス」入力が必要です。

    インターネットを使ったライブ同時配信【オンライン受講】のお申込みはこちらへ

    お申し込みに関する注意事項

      お申込みについて
    • 定員になり次第、受け付けを終了いたします。
    • お申込みが定員を大幅に上回る見込みの場合、会場を弊社近隣の貸会議室等に変更させていただきます。予めご了承ください。
    • お申込み状況により、中止または延期になる可能性があります。開講前にその旨をご連絡します。中止の場合、受講料をお支払い済みの方にはご返金いたします。
    • お支払方法「銀行振込」でお申し込みの方: 開催が確定次第、受講料の請求書をメールでお送り致しますので、開講日までに全納してください。
      ※ただし、法人でお支払いの場合は、貴社の「締め・支払い」規程に基づき受講料をお振込頂ければ構いません。お支払予定日をお知らせください。
    • 受講案内について
    • 開催が確定次第、その旨をメールにてご連絡いたします。「銀行振込」をご選択の方には、同時に請求書をお送りします。
    • 開講日の1週間前頃、「受講案内」をお送りします。開講当日に、ご提示を求める場合があります。
    • 「受講案内」発送後のキャンセルはお受けしかねます。予めご了承ください。
    • 欠席フォローについて
    • 当日配布の講義資料一式を郵送いたします。
    • この科目は、ライブ配信を収録した動画による「見逃し受講」をご利用いただけますので、都合で講義に出席できなかった場合は、こちらの映像をご覧ください。
      教室で受講される方全員に、「見逃し受講」専用のIDを発行します。数日後から視聴可能となり、2019年12月31日(火)までご覧いただけます。

     お申し込みに関するお問合せはこちら

    TEL 03-6222-9841(代)
    (土日・祝日を除く 9:00~17:30)
    WEB  お問合せフォーム

    アクチュアリー講座ガイダンス\ダイジェスト動画公開中/

    アクチュアリー1次試験対策講座 【アクチュアリー受験研究会会員対象】

    アクチュアリー2次試験対策講座 【アクチュアリー受験研究会会員対象】

    お得な割引制度のご案内

    本講座では、下記の割引制度をご用意しています。

    その1:早期申込み割引

    各講座にて設定された期日までにお申し込みされますと、その場で15%割引が適用されます。どなたでもご利用いただけます。

    その2:複数科目割引

    アクチュアリー試験対策講座科目を複数同時に受講される場合は、10%割引となります。

    その3:専門科修了生割引

    シグマインベストメントスクール「専門科」を修了された方が受講される場合は、10%割引 となります。

    その4:アクチュアリー/統計検定® 受講者割引

    過去1年間に弊社が開催した「アクチュアリー試験対策講座」「統計検定®対策講座」を受講された方は、10%割引となります。

    その5:法人団体受講割引

    法人のお客様からのお申し込みで、同一法人より2名以上同時派遣される場合、1名あたりの受講料を 10%割引 とさせていただきます。

    その6:学生割引

    学生のお客様からのお申し込み場合は、初回講義時にその時点で有効な学生証を提示していただくことで、30%割引 となります。

    【ご利用にあたって】

    • ・上記割引制度の併用はできません
    • ・ご希望の割引制度および複数受講された講座名やこれまでに受講された講座名などの、割引に該当する条件をお申込みフォームの備考欄にご記入ください
    • ・お支払い方法「クレジットカード」でお申し込みの方には、割引条件を満たすことを弊社が確認した後、決済金額を割引後の金額に変更いたします。