個人のお客様はこちら

日本の金融理論教育をリードするシグマインベストメントスクール


menu

キャリア採用・新規配属者・若手社員向け公開講座

金融数学の基礎 〈Excel演習付き〉

~ 金融実務で使う数学 ~

【開催日】 2022年11月 2日(水) 9:00~17:00
【講師】 田渕 直也  【受講料】 1名につき 35,200 円(税込)

【日本FP協会継続教育対象講座】
課目:金融資産運用設計 認定単位数:AFP:7.0/CFP:7.0

セミナーの特徴

image 金融実務を進めるためには、様々な計算が必要になります。一つ一つは単純なものかも知れませんが、そのすべてを正確に間違いなく実行できることが必要です。この講座では間違いやすい金融にまつわる計算について、総ざらいをしていきます。
受講生に一人一台のパソコンを用意します。自らExcelを操作しながら、実践的・体感的、かつインタラクティブに学ぶことができます。

こんな方におすすめ

  • 金融で扱う数学や計算に苦手意識を持つ方
  • つまずきやすい計算をまとめて学びたい方
  • 金融実務に役立つ知識を求めている方

実施スケジュール

日 程 2022年11月 2日(水) 9:00~17:00(7時間、昼休憩1時間)
定 員 10名(先着順。定員を超えた場合、お申込順で締め切らせて頂きます)
会 場 シグマベイスキャピタル株式会社 教室
東京都中央区新川 1-3-10 旭ビルディング 5階
アクセス 東京メトロ 東西線・日比谷線「茅場町」駅 3番出口徒歩3分、1番出口徒歩5分
JR京葉線、東京メトロ 日比谷線「八丁堀」駅 徒歩8分
東京メトロ 半蔵門線「水天宮前」駅 徒歩8分

詳しい地図はこちら(新しいウィンドウが開きます)

講師

田渕直也

田渕 直也(たぶち・なおや)

  • シグマインベストメントスクール 学長
  • シグマベイスキャピタル株式会社 シニアフェロー
  • 株式会社ミリタス・フィナンシャル・コンサルティング 代表取締役社長 / 金融アナリスト

1985年一橋大学経済学部卒。 同年、日本長期信用銀行入行。デリバティブ・ディーリング、商品開発業務に従事後、同行海外証券子会社である長銀インターナショナル(ロンドン)に出向し、デリバティブ・ディーリングデスクのチーフ歴任。
その後、UFJパートナーズ投信(現三菱UFJ国際投信)のファンドマネージャーとして、運用業務に従事後、株式会社ミリタス・フィナンシャル・コンサルティング設立。

主な著書

主な著書

  • 『新版 金融の基本 この1冊ですべてわかる』(日本実業出版社、2019)
  • 『ファイナンス理論全史 儲けの法則と相場の本質』(ダイヤモンド社、2017)
  • 『最強の教養 不確実性超入門』(ディスカヴァー・トゥエンティワン、2016)
  • 『カラー図解でわかる金融工学「超」入門 投資のプロがやさしく教えるデリバティブ&リスク管理の考え方(サイエンス・アイ新書)』(SBクリエイティブ、2015)
  • 『入門実践金融 証券化のすべて』(日本実業出版社、2012)
  • 『入門実践金融 デリバティブのすべて』(日本実業出版社、2012)
  •  その他、金融関連の啓蒙書、評論多数。

カリキュラム

  • 利息の計算
    ・単利と複利
    ・デイカウント
  • 収益性の評価
    ・単利利回り
    ・複利利回り
    ・内部収益率
     プロジェクトの評価/債券の利回り/スポットレート
  • 現在価値の計算
    ・理論価格の計算
    ・NPVによるプロジェクト評価
  • 市場価格の変動
    ・ボラティリティ
    ・正規分布における確率の計算
  • 金利感応度
    ・デュレーション
    ・線形リスクと非線形リスク

確認テスト
講義終了後に実施します。一定期間内に提出して頂きます。

  • ※カリキュラム内容は一部変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

受講料

1名につき 35,200 円(税抜価格 32,000 円)

    【割引料金のご案内】

  • 2講座をお申し込みの場合は合計受講料から5%割引いたします。
  • お支払い方法「クレジットカード」でお申し込みの方には、割引条件を満たすことを弊社が確認した後、差額分を返金いたします。

FP資格をお持ちの方へ

AFP/CFPの方は、本講座の受講により、FP継続教育単位が取得できます。
お申し込みフォームにお持ちの資格(AFP資格/CFP資格)をご入力ください。
※法人で複数名の派遣をご希望されるお客様は、参加者をご連絡いただく際に併せてお知らせください。

種類 通学
課目 金融資産運用設計
認定単位数 AFP:7.0/CFP:7.0
修了条件 なし

お申し込み方法

WEB申込

下記申込みフォームに必要事項を入力し、送信してください。
(お申し込みボタンを押すと、新しいウィンドウまたはタブが開きます。)
送信されますと、弊社より確認メールが届きます。

金融数学の基礎

< 法人で複数名のご受講をご希望されるお客様へ >
「備考欄」にお申込みになる人数をご入力ください。
折返し、担当よりご連絡いたします。(ご請求書でのお支払いのみとなります)

お申込みに関する注意事項

    お申込みについて
  • 2022年11月 1日(火)17:00 までにお申し込みください。
    ※ 受講人数が未確定等の場合も【予約】が出来ますので、弊社担当者までご連絡ください。
  • お申込み状況により、中止または延期になる可能性があります。開講前にその旨をご連絡します。中止の場合、受講料をお支払い済みの方にはご返金いたします。
  • お支払方法「銀行振込」でお申し込みの方: 開催が確定次第、受講料の請求書をメールでお送り致しますので、開講日までに全納してください。
    ※ただし、法人でお支払いの場合は、貴社の「締め・支払い」規程に基づき受講料をお振込頂ければ構いません。お支払予定日をお知らせください。
  • 受講案内について
  • 開催が確定次第、その旨をメールにてご連絡いたします。「銀行振込」をご選択の方には、同時に請求書をお送りします。
  • 開講日の1週間前頃、「受講案内」をお送りします。
  • 「受講案内」発送後のキャンセルはお受けしかねます。予めご了承ください。

お申込みに関するお問合せ

 電話番号:03-6222-9843(公開講座担当)

厚生労働省「人材開発支援助成金」活用のご案内

助成金制度をうまく活用することで、法人研修のコストをおさえることが可能です

2022年秋の公開講座は、厚生労働省「人材開発支援助成金」の対象となります。
この制度の利用には、厚生労働省が定める申請書類の提出など、多くの手続きが必要ですが、シグマインベストメントスクールでは、ご要望に合わせ、弊社パートナー企業をご紹介させていただきます。
ご相談ベースでも結構ですので、お気軽にお問い合わせください。

対象コース

  • 2022年「キャリア採用、新規配属者、若手社員向け公開講座」2科目
  • ※外部団体主催の研修を「10時間以上受講すること」が条件ですので、2科目とも受講される方が対象です。

活用する助成金

  • 厚生労働省「人材開発支援助成金」特定訓練コース 若年人材育成訓練
    ※入社5年以内かつ35歳未満の正社員に対して、1名から活用できる助成金です。

厚生労働省「人材開発支援助成金」案内ページ

助成金に関する注意事項

  • 初回講義の1か月と1日以上前に、助成金申請手続き(労働局への計画届の提出)をする必要があります。
    8月中には「計画届」を労働局に提出できるように、余裕を持って進めることをお薦めします。
  • 本助成制度のHPは4月1日に更新されていますので、内容をご確認ください。
  • 弊社パートナー企業のサービスをご利用いただく場合は、パートナー企業より助成金申請コンサルティング費をご請求申し上げます。 (着手時にご入金いただき、助成金申請を支援します。万が一、ご希望企業様が助成金を受給できなかった場合は、助成金申請コンサルティング費を全額お戻しします)

ディスクレーマー

免責事項

本セミナーにおいて、特定の商品や株式における個別銘柄、業種などの推奨は行なっておりません。したがって、株式や債券等の個別銘柄に関するお問い合わせや、株式市場の方向感、政治情勢に関するコメントなど、株式その他の投資の判断に影響を及ぼすと思われるものについてのお問い合わせに関しまして、一切お受けいたしません。最終的な投資判断はご自身でお願いします。

リスク等について

【株式・債券】
価格変動リスク:株価、債券価格、金利等の変動により、投資元本を割り込むことがあります。また、株式・債券発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化等により、投資元本を割り込んだり、その全額を失うことがあります。一方、債券によっては、期限前に償還されることがあり、これによって投資元本を割り込むことがあります。

流動性リスク:市場環境の変化、株式・債券発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化等により売買に支障を来たすなど、換金できないことにより、投資元本を割り込むことがあります。

【信用取引等】
信用取引、外国為替証拠金取引や有価証券関連デリバティブ取引においては、委託した証拠金を担保として、証拠金を上回る多額の取引を行うことがありますので、価格や流動性の変動により生じた損失の額が証拠金の額を上回る(元本超過損が生じる)ことがあります。

11月2日開催 金融数学の基礎

お申し込みはこちら