個人のお客様はこちら

日本の金融理論教育をリードするシグマインベストメントスクール


menu

コンプライアンス時代の「預かり資産獲得」研修

ご要望に応じて時間・内容をカスタマイズ致します。お気軽にお問合せください。
下記「お問い合わせ」ボタン、もしくはお電話で。

研修プログラムに関するお問い合わせ

   お電話の場合:03-6222-9841(代表)

コース概要

対象者 金融機関などの窓口担当の方、顧客担当渉外員の方
人 数 10名程度から
時 間 1日(6時間程度)
備 考 お客様のご要望に合わせて、ロールプレイングのテーマをアレンジいたします。

研修の特徴

  • コンプライアンスが欠かせない現在における、預かり資産拡大およびお客様のフォローアップに向けた提案方法を解説します。
  • 前提知識としてマーケット環境や、NISA(少額投資非課税制度)の拡充など制度・税制面についても詳しく解説します。

カリキュラム例

1. 必須条件としてのコンプライアンス
 ・何よりも必要な「コンプライアンス」とは
 ・フィデューシャリー・デューティー:具体的な7つの原則
 ・投資信託販売会社における比較可能な共通KPIについて
 ・金融審議会の「市場ワーキング・グループ」
 ・コンプライアンス時代に必要なカウンセリング能力
2. 世界と日本経済の最新情報を知る
 ・マーケット状況の確認
 ・20分で出来る日本経済新聞からの情報収集:奇数面とマーケット総合面
 ・世界経済の動き:米国、欧州、新興国経済の見通し
3. お客様への提案に自信が出る3つの手法
 ・マーケット環境のポイント:拡大していく世界経済(人口、経済規模のGDP)
 ・お客様に感謝されるニーズ喚起:ライフプランの話題、インフレ・低金利、色分け
 ・効果的な話の流れ: YES BUT法、第三者話法
 ・GPIFの運用の現状、長期投資・分散投資の話題
4. 人生100年時代の将来設計
 ・老後2000万円問題の伝え方
 ・キャッシュフロー表を作成するためのノウハウ
 ・輝く人生を送るためのライフプラン
 ・明るい話題を提供する
5. 即効果の出るロールプレイング演習(2時間)