個人のお客様はこちら

日本の金融理論教育をリードするシグマインベストメントスクール


menu

リスク管理セミナー

金利上昇に備えた銀行ALM態勢の再点検

~ リスクアペタイト・フレームワークの有効活用に向けて ~

【開催日】 2019年 1月28日(月) 13:30 ~ 16:30
【受講料】 32,400 円(税込)

セミナーの特徴

2016年1月の日本銀行による「マイナス金利政策」以降、円金利はゼロ%付近に抑制されています。一方、世界的には金融政策の限界が意識され、米国を始め金利を通常水準に戻す動きが顕著です。 日本では、当面現在の政策は維持されることが予想されますが、世界的な動きの中で必ず金利上昇局面が起こることを認識しなければなりません。硬直化した金利に慣れきった現在のALM態勢で、いざ金利が上昇し始めたときの大きな変動に耐えられるでしょうか? 金利が変動し始めてから対応していたのでは、経営意思決定が追い付かず、市場の大きな波に飲み込まれてしまう恐れがあります。金利が動き出す前の今こそ、ALM態勢を再点検すべきです。
本セミナーでは、いずれ必ず起こる金利上昇に備えたALM態勢(収益管理・リスク管理)の点検項目について解説を行います。 また、収益力・企業価値の向上を目指す仕組みである「リスクアペタイト・フレームワーク」をALM運営にどのように活用するか、概要説明・事例紹介を行います。

こんな方におすすめ

  • 銀行の企画部門担当者、リスク管理担当者
  • 金利上昇リスクに関心のある方
  • その他関連する方

実施スケジュール

日 程
  • 2019年 1月28日(月) 13:30 ~ 16:30(3時間)
  • ※開始時刻の30分前より、入場できます。
    定 員 25名(先着順。定員を超えた場合、お申込順で締め切らせて頂きます)
    会 場 シグマベイスキャピタル株式会社 教室
    東京都中央区新川 1-3-10 旭ビルディング 5階
    アクセス 東京メトロ 東西線・日比谷線「茅場町」駅 3番出口徒歩3分、1番出口徒歩5分
    JR京葉線、東京メトロ 日比谷線「八丁堀」駅 徒歩8分
    東京メトロ 半蔵門線「水天宮前」駅 徒歩8分
    詳しい地図はこちら(新しいウィンドウが開きます)

    講師

    栗谷 修輔

    栗谷 修輔(くりたに・しゅうすけ)

    • シグマベイスキャピタル株式会社 フェロー
    • キャピタスコンサルティング株式会社 プリンシパル
    • 公認内部監査人(CIA)、公認情報システム監査人(CISA)

    早稲田大学理工学部工業経営学科卒業。同年、日本長期信用銀行入行、同行マーケット営業部、リスク統轄部にて金融商品開発・販売とリスク管理に従事。 その後、興銀証券(現・みずほ証券)に入社し、同様の業務に従事。 2000年データ・フォアビジョン株式会社に入社。金融機関に対して収益リスク管理システムの設計・開発、データ分析、コンサルティング等を行う。2011年12月にキャピタスコンサルティングに参加。

    会社紹介

    キャピタスコンサルティング株式会社 [HP] http://www.capitas.jp/
    キャピタスコンサルティング株式会社は、金融機関および事業法人に対して、財務・リスク管理に関するアドバイスを提供する経営コンサルティング会社です。
    金融の理論と実務を融合させて、戦略的かつ経済価値と整合的な、これまでにない革新的なコンサルティングを提供することを目指しています。

    主な著書


    主な著書

    • 『市場リスク・流動性リスクの評価手法と態勢構築』(共著、金融財政事情研究会、2015)
    • 『金融リスクマネジメントバイブル』(共著、金融財政事情研究会、2011)
    • 『【全体最適】の銀行ALM』(共著、金融財政事情研究会、2010)
    • 『リスクマネジメントキーワード170』東京リスクマネジャー懇談会 編(金融財政事情研究会、2009)
    • 『金融機関の市場リスク・流動性リスク管理態勢』(共著、金融財政事情研究会、2008)
    • 『【実践】銀行ALM』(共著、金融財政事情研究会、2006)

    カリキュラム

    • 銀行ALM態勢の現状認識
      ・収益管理業務の現状と課題
      ・リスク管理業務の現状と課題
      ・マイナス金利下でのALM運営の現状
    • 金利上昇に備えた銀行ALM態勢の再点検
      ・金利上昇時に顕在化するALM運営の課題
      ・金利上昇シナリオ作成の留意点
      ・損益、リスクシミュレーション手法
      ・ALM委員会の構造改革に向けて
    • リスクアペタイト・フレームワーク(RAF)の有効活用
      ・ALM運営のツールとしてのRAF
      ・企業価値向上を主眼とするRAF
      ・活動成果を評価する収益管理態勢
      ・バーゼル IRRBB規制の有効活用
      ・発展的ALM運営の方向性
    • 質疑応答

    ※カリキュラム内容は一部変更になる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

    受講料

    32,400 円(税込)

    【割引料金のご案内】

    • ・弊社の通学制スクール、専門科コースを修了された方は、定価の1割引で受講できます。 該当する方は、申込みフォーム備考欄に受講されたコース名をご入力ください。
    • ・同一法人から2名以上同時にお申込み頂いた場合、1名あたりの受講料が1割引となります。該当する方は、備考欄に同時申込者の氏名をご記入の上、送信してください。
    • ・お支払い方法「クレジットカード」でお申し込みの方には、割引条件を満たすことを弊社が確認した後、差額分を返金いたします。

    お申し込み方法

    WEB申込

    下記申込みフォームに必要事項を入力し、送信してください。
    (お申し込みボタンを押すと、新しいウィンドウまたはタブが開きます。)
    送信されますと、弊社より確認メールが届きます。

    セミナー お申込み

    金利上昇に備えた銀行ALM態勢の再点検
    お申し込み

    お申込みに関する注意事項

    • 定員になり次第、受け付けを終了いたします。
    • お申込み状況により、延期または中止になる可能性があります。開講前に中止の旨をご連絡しますので、ご了承ください。
      受講料をお支払い済みの方には、受講料を返金いたします。
    • セミナーの開催確定後、その旨のご連絡と併せ「受講証」「請求書(希望された方)」をメールにてお送りします。
    • お支払方法「銀行振込」でお申し込みの方には、開催確定後、受講料の請求書をお送り致しますので、所定の金額を全納してください。
      ※原則、実施日までにお振込をお願い致します。ただし、法人でお支払いの場合は、御社の「締め・支払い」規程に基づき、受講料をお振込頂ければ構いません。
    • セミナー当日は、「受講証」の提示を求める場合があります。
    • 開催前日および当日のキャンセルはお受けしかねます。予めご了承ください。

    お申込みに関するお問合せ

     電話番号:03-6222-9841(代)