シグマインベストメント スクール

初めての方からプロの手法を学びたい方までシグマ個人投資家スクール


menu

PR ★ 金融機関にも頼りにされるシグマだからできる、最短攻略法 ★
あらゆる出題形式を想定した模擬試験により、自信をもって試験に臨める
 【eラーニング】二種外務員(証券外務員二種) 最短合格コース

外務員試験 攻略ガイド

二種外務員・計算問題特訓

板寄せ方式による始値決定プロセス

この問題について

「板寄せ方式による始値決定プロセス」の問題は、二種外務員試験で出題される可能性があり、五肢選択方式(1問:10点)で出題されます。

シグマのeラーニング講座「二種外務員 最短合格コース」では、合否に直結する計算問題の対策に特に力を入れています。
練習問題を豊富に用意しているほか、講義映像も利用することで計算プロセスが完璧に身につくよう、工夫しています。

例題

売買立会の始値決定直前の注文控え(板)が下図のとおりであるとき、始値はいくらになるか?

point

手順1.「成行優先の原則」を適用します。

成行注文のうち、売呼値/買呼値 15,000株 を対当させる。
⇒ 買呼値 5000株の超過

point

手順2.「価格優先の原則」を適用します。

残った注文のうち、
成行買い注文 5000株と、最も低い売り注文 495円、5000株を対当させる。
⇒ 過不足なし

point

手順3.引き続き「価格優先の原則」を適用します。

残った注文のうち、
最も高い買呼値 499円、3000株と、最も低い売呼値 496円、5000株を対当させる。
⇒ 売呼値 2000株の超過

point

手順4.引き続き「価格優先の原則」を適用します。

残った注文のうち、
最も高い買呼値 498円、5000株と、最も低い売呼値 496円、2000株を対当させる。
⇒ 買呼値 3000株の超過

point

手順5.引き続き「価格優先の原則」を適用します。

残った注文のうち、
最も高い買呼値 498円、3000株と、最も低い売呼値 497円、2000株を対当させる。
⇒ 買呼値 1000株の超過

point

手順6.引き続き「価格優先の原則」を適用します。

残った注文のうち、
最も高い買呼値 498円、1000株と、最も低い売呼値 498円、1000株を対当させる。
⇒ 売呼値 2000株の超過

point

始値が決まりました。

同じ指値の 498円で売呼値と買呼値が対当することになるため、498円が始値に決まります。この問題の答えとなります。
なお、この時点での出来高は 28,000株です。

point

計算問題を得点源にするために・・・

シグマのeラーニング講座「二種外務員 最短合格コース」の講義映像・テキストの重要箇所や模擬試験を繰り返し繰り返し、反復学習することが大切です。

きっと、類似問題なら絶対に間違わないというレベルに到達して、試験に臨むことができるでしょう。

「外務員試験 攻略ガイド」目次にもどる

著作権・免責事項

  • 「外務員試験 攻略ガイド」(以下、本解説集)の文章、図表などの著作権は、シグマベイスキャピタル株式会社に帰属しますので、複製・転載・引用・配布などは一切禁止します。
  • 本解説集の利用により生じた損害はいかなる理由であれ、一切責任を負いかねますので予めご了承下さい。
  • 本解説集は、予告なしに内容が変更・削除等されることがあります。
  • 弊社eラーニング講座「一種/二種外務員 最短合格コース」に関するものを除き、本解説集の内容に対するご質問にはお答えすることはできませんので、ご了承下さい。

PR ★ 金融機関にも頼りにされるシグマだからできる、最短攻略法 ★
合否を分ける「デリバティブ」「計算問題」があなたの得意科目に!
 【eラーニング】一種外務員(証券外務員一種) 最短合格コース