English

menu

第3話 Live Free or Die

シグマヘッジファンドの源流

ヘッジファンドの基本

ヘッジファンドのトレーディングは、「ヘッジをしながら」が基本です。

GCMのトレーダー達も賢くヘッジをしながら、いわゆるアービトラージ(裁定取引)を行っていましたが、ただ一人「ノーヘッジ」で大きく稼ぎ続けた人物がいました。ロンドン生まれのこの若者は、確かに天才的な相場観を持っていました。社内の誰もが認める才能でした。

image

ある日、天才の自宅に呼ばれ・・・

ある日、彼の自宅に呼ばれたことがあります。部屋中、インドの仏像だらけでした。あらかじめ聞いてはいましたが、想像以上の仏像の多さに驚きました。菜食主義者の彼は、毎日仏像の中で瞑想をしていたそうです。相場を当てるためか、ポジションの恐怖から逃れるためかよくわかりませんでした。数年後にヘッジファンダ―として独立しましたが、ある時、大相場を張って、それまで築いた全資産を無くしたと風の便りに聞きました。

また、アイクというトレーダーは、スタンフォード大学でコンピューターとファイナンスの2つの博士号を取った秀才でした。1年間NYの金融機関でトレーダーの修業をした後、GCMに入ってきました。彼の一芸は、株のオプションでした。シカゴ市場やフィラデルフィア市場などで、独創的なトレーディングを行っていました。

通常のオプショントレーダーは、よく知られているオプション価格決定理論(ブラック・ショールズモデル)を使ってトレーディングを行いますが、彼は市場を出し抜くための改良理論を構築し、これを IBC PC で操作しながら平均を大きく上回る利益を出し続けました。実は、この改良理論構築のため、彼はオプション理論の大家であったMIT(マサチューセッツ工科大学)のロバート・マートン教授(ショールズと二人で、1997年度ノーベル経済学賞受賞)に、彼の改良理論が正しいか、また現実的かを検証してもらうコンサルティングを依頼していたのでした。コンサルタント料は自己負担で、自分への投資だと言っていました。

ニューハンプシャー州の気質

ジョンというトレーダーは、コネティカット州の北方に位置するニューハンプシャー州の広大な牧場主でした。週に1~2日、セスナ機でGCMに出社し、トレーディングをしていました。主にシカゴの先物市場で、原油先物や農産物先物のトレーディングをしていました。カウボーイにしては、緻密な頭脳の持ち主で、当時最先端の IBM PC で原油先物と小麦先物との関係などを分析しながらの裁定取引で、堅実に利益を出し続ける才能がありました。どちらが本業なのかと聞くと、もちろん両方と答えました。

ニューハンプシャー州は、自由の国アメリカを象徴するかのように、"live free or die"(自由に生きるか、あるいは死ぬか)が州の気質だそうです。

執筆:シグマベイスキャピタル 清水 正俊
(おわり)

お問合せ

本サービスに関するお問い合わせは、画面下部の「ご質問はこちら」からどうぞ。
※入力欄に「投資助言サービスについて」とご記入いただき、ご質問内容をご入力ください。

免責事項

シグマベイスキャピタル投資顧問株式会社(以下「当社」といいます。)は、本サイト、ブログ及び電子メール等で提供するサービス(以下「サービス」といいます。)に掲載する情報の正確性については万全を期しておりますが、その正確性について保証を行うものではなく、サービスのご利用により生じた損失及び障害について何ら責任を負うものではありません。
また、本サイトに掲載されている内容については、予告なしに変更、廃止される場合がありますのであらかじめご承知ください。本サイトに掲載されている内容等は、投資の参考となる情報提供のみを目的としており、勧誘を目的としたものではありません。また証券取引行為、金銭・有価証券の預託及び貸付は一切たしません。個別銘柄の選択及び投資に関する最終判断は、お客様御自身の責任でお願い申し上げます。

リスク等について

【株式・債券】
価格変動リスク:株価、債券価格、金利等の変動により、投資元本を割り込むことがあります。また、株式・債券発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化等により、投資元本を割り込んだり、その全額を失うことがあります。一方、債券によっては、期限前に償還されることがあり、これによって投資元本を割り込むことがあります。

流動性リスク:市場環境の変化、株式・債券発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化等により売買に支障を来たすなど、換金できないことにより、投資元本を割り込むことがあります。

【信用取引等】
信用取引、外国為替証拠金取引や有価証券関連デリバティブ取引においては、委託した証拠金を担保として、証拠金を上回る多額の取引を行うことがありますので、価格や流動性の変動により生じた損失の額が証拠金の額を上回る(元本超過損が生じる)ことがあります。