English

menu

FATCAおよびCRS遵守への対応

SIGMA Boomerang Funds

シグマヘッジファンドは、国際的な税務コンプライアンス向上を目指すためのFATCA・CRSが求める基準遵守のため、体制整備・運用を推進しています。

FATCA(Foreign Account Tax Compliance Act):外国口座税務コンプライアンス法

米国市民及び米国居住者によるオフショア口座を利用した米国の租税回避を防止することを目的として、2010年3月18日に施行された米国法です。

本法は、米国外の金融機関(FFI: Foreign Financial Institution)に対し、米国市民及び米国居住者等が保有する口座を特定し、当該口座情報を米国内国歳入庁(IRS)に報告することを求めています。これに従わないFFIは、当該FFIが米国投資から受け取る利子・配当及び投資の売却額に対し、30%の源泉徴収が課されることとされています。

なお、国際的な税務コンプライアンスの向上及び米国のFATCA実施の円滑化のため、わが国当局は2013年6月11日に、米国財務省と日本当局の連携等に関する手続きを明確化しました。現在、世界各国において、多くのFFIが、FATCAが求める口座特定・報告等の要求を満たす体制の整備・運用を行っています。

CRS(Common Reporting Standard):共通報告基準

自動的情報交換の対象となる非居住者の口座の特定方法や情報の範囲等を各国で共通化するOECDベースでの国際基準です。今後ともFATCAと整合性をとりつつ、改良作業が進められて行く見込みです。

これにより、金融機関の事務負担を軽減しつつ、金融資産の情報を各国税務当局間で効率的に交換し、外国の金融機関の口座を通じた国際的な脱税及び租税回避に対処することを目的としています。

お問合せ

本サービスに関するお問い合わせは、画面下部の「ご質問はこちら」からどうぞ。
※入力欄に「投資助言サービスについて」とご記入いただき、ご質問内容をご入力ください。

免責事項

シグマベイスキャピタル投資顧問株式会社(以下「当社」といいます。)は、本サイト、ブログ及び電子メール等で提供するサービス(以下「サービス」といいます。)に掲載する情報の正確性については万全を期しておりますが、その正確性について保証を行うものではなく、サービスのご利用により生じた損失及び障害について何ら責任を負うものではありません。
また、本サイトに掲載されている内容については、予告なしに変更、廃止される場合がありますのであらかじめご承知ください。本サイトに掲載されている内容等は、投資の参考となる情報提供のみを目的としており、勧誘を目的としたものではありません。また証券取引行為、金銭・有価証券の預託及び貸付は一切たしません。個別銘柄の選択及び投資に関する最終判断は、お客様御自身の責任でお願い申し上げます。

リスク等について

【株式・債券】
価格変動リスク:株価、債券価格、金利等の変動により、投資元本を割り込むことがあります。また、株式・債券発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化等により、投資元本を割り込んだり、その全額を失うことがあります。一方、債券によっては、期限前に償還されることがあり、これによって投資元本を割り込むことがあります。

流動性リスク:市場環境の変化、株式・債券発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化等により売買に支障を来たすなど、換金できないことにより、投資元本を割り込むことがあります。

【信用取引等】
信用取引、外国為替証拠金取引や有価証券関連デリバティブ取引においては、委託した証拠金を担保として、証拠金を上回る多額の取引を行うことがありますので、価格や流動性の変動により生じた損失の額が証拠金の額を上回る(元本超過損が生じる)ことがあります。